歯科医療関係者の方へ

介護の現場であまりにも口腔ケアがおろそかにされていると思われませんか?
介口ケアに対する認識が不足していると思われませんか?

歯科関係者にもっと介口ケアの重要性を語っていただき、歯科関係者自身にもっと介口ケアに関心を持っていただける環境づくりを私たちは目指します。

《訪問による口腔ケア》

多忙な診療の日々のなかでの訪問診療は確かに大変です。 特に最初は、 長い間放置されてていた口腔内をきれいにするのが大事で、義歯の作成・調整の前の治療が済むまでがまず大変だと思われます。
しかし本来、訪問で治療が終わっても、定期的にずっと診せていただく必要が必ずあり、とりわけ残存歯のある患者さんは、頻繁に口腔ケアが必要なのですが、個人開業をしているDr.はそんなに時間を裂くわけにはいかず、どうしても行き届いた管理をさせていただくのが難しい、というのが現状ではないでしょうか。

《治療の前にDHさんによる口腔ケア》

訪問治療と平行して、または治療が終わった後もずっとDHさんに単独で、週一回口腔ケアに行ってもらい、患者さんにとても喜んでもらっているといった事例があります。治療の前に(できれば直前に)DHさんに口腔ケアをしてもらうのが理想です。そうすると治療がしやすいばかりでなく治療時間も非常に短縮できます。勿論、ご承知のように同日であっても時間を異にすれば訪問歯科衛生指導料は、歯科訪問治療料とは別に月4回までは請求できます。ここで問題はDHさんの確保と育成です。DHさん一人の訪問は負担が大きく、またDHさんが一人で訪問に出かけられるまでにはかなりの経験が必要です。

《なぜ寝たきりの方の口腔清掃が難しいか》

残渣やプラークがいっぱいの患者さんが来られたなら治療前にブラッシングをします。その時3ウエイ・シリンジやバキュームを使って汚れを流し時折口をゆすいでもらいます。このプロセスを省いてはブラッシングは考えられません。この当たり前のことが、訪問ではできないので難しいのだと思います。まして、訪問の患者さんは体力の弱ったお年寄りや重い障害を持つ方です。小さな刺激で大きな影響を与えてしまいます。吸引器を用いた清掃法は、日頃の診療に近い条件で口腔ケアができますし、患者を想定した練習も診療所のチェアーでバキュームを使って行うことができます。

《これからの歯科業界》

今後益々高齢化が進んでいきます。それに伴って「通えない患者さん」も増えていきます。また、歯科治療の充実によって歯のないお年寄りのほうが珍しくなるでしょう。今はまだ「歯科の往診ってあるの?」「歯科が往診に来て何をするの?」という声を聞くこともありますが、すぐに訪問歯科診療や口腔ケアは不可欠となるでしょう。
訪問口腔ケアの継続は、患者さんに喜びと健康と快適さを提供でき、医院と患者さんや家族の方の暖かいつながりを保ち続けることができます。これは、医療人としての大きな歓びかと思います。
今後、歯科の業界は寝たきりのお年寄りを支える大きな力になるべきで、そしてそれはDHさんによる口腔ケアなしでは考えられないでしょう。これからどんどん増えつつある「通えない患者さん」の口を始めとする健康(肉体的・精神的・社会的)を守っていくことに対し、歯科業界に大きな期待が寄せられることでしょう。

文字のサイズ
文字のサイズ
文字のサイズ
文字のサイズ
  • ご家族の方へ
  • 介護従事者の方へ
  • 歯科医療関係者の方へ
  • 介護施設関係者の方へ
ケアクリニック開発ストーリー 実践使用編ムービー
© Copyright 2009 Care-net ALL rights reserved.