介護従事者の方へ

要介護者にとって、口の健康はとても大切です

嚥下反射・咳反射の低下した老人は,睡眠中に不顕性の誤嚥をたびたび起こし,この際,唾液とともに口腔内の細菌も同時に誤嚥するため,誤嚥性肺炎を起こしやすいといわれています。 そして,口腔内の細菌を減少させるためには,口腔ケアがたいへん有効です。
口腔ケアが誤嚥性肺炎の予防に有効であるという事実は,最近,歯科医療関係者にも認知され始めた事実ですが,残念ながら,介護の現場ではほとんど認識されていないのが現状です。 介護を要する人の生命を脅かす誤嚥性肺炎の予防ということに関しては,QOLの向上とは次元を別にして論じられるべき重要なことであると思われます。

そして,口腔ケアについての実践および啓蒙活動は,介護保険制度開始とともに,要介護人に接する機会が増すと思われる介護従事者に課せられた重大な使命であるとも言えます。
介護関係者の間では,介護を受けている人の口腔内は,「介護の鏡」といわれています。 このことは,言い換えれば,生命の危険に直接関係のないと思われた口腔ケアまでは,なかなか手が届かず,後まわしにされていたというのが現状であったように思われますが、今後は,口腔ケアは,とくに脳血管障害等で嚥下・咳反射の低下した要介護人にとっては,誤嚥性肺炎の予防という観点から,ケアプランの中に積極的に組み入れられる必要があると思われます。

1)寝たきりの人の口腔ケア

寝たきりの人の,口腔ケアはとくに誤嚥に気をつける必要があります。 可能なら側臥位,不可能なら仰臥位で,顔を横に向けてケアを行います。 できれば自分で,無理なら介護人がブラッシングするようにします。 介護人が行う場合は,舌根部や咽頭部を刺激すると嘔吐反射を起こしやすいため注意する必要があります。 ガーグルベースン,できれば吸引装置の準備も必要です。

2)麻痺のある人の口腔ケア

上半身を起こせない場合は,側臥位または仰臥位で,顔を健側を下にして,横に向けます。 麻痺のある場合は,通常感覚障害も伴っていますから,麻痺側に食物残渣が残っていても気づかないため注意する必要があります。 麻痺のある人の場合,嚥下反射・咳反射機能が低下しているため,誤嚥に対する注意が必要です。

3)痴呆のある人の口腔ケア

口腔ケアを習慣づけるには,実際に要介護人に口腔ケアの後の爽快感を体験してもらうことが一番効果的です。 これは,痴呆がある人の場合でもある程度可能です。 強制的にケアを行おうとすると,その後のケアが難しくなります。 誰でも,無理やり他人に口腔内を触られるのは不快なものです。 歯磨きの時間を決めて,生活の一部として口腔ケアを位置づけるのも効果的です。

4)意識障害のある人の口腔ケア

意識障害にもいろいろ程度がありますが,できるだけ声をかけながらケアを行います。 口腔内に歯ブラシなどを入れると噛んでしまう人の場合は,バイトブロックを使用しますが,この際,口唇,舌などを挟み込んで傷つけることがないように注意します。 嚥下反射・咳反射が低下していますので,誤嚥に対する注意が必要です。

5)嚥下障害のある人の口腔ケア

嚥下障害のある人の口腔内は,汚染が強く,常に誤嚥による肺炎の危険性が高いため,口腔ケアがとくに重要になります。 また,口腔内を刺激することにより,間接的な嚥下の訓練にもなります。 ケアを行うときの体位は,ファーラ位またはセミファーラ位で顔面を健側を下にして横に向け,顎を少し引いた姿勢をとります。 手順は,ケースにより異なりますが,一般的には,まずスワブで口腔内を清掃した後,歯ブラシで清掃します。吸引機の準備は必須です。 口腔ケアを最も必要とするケースですが,最も難しいケースであるといえると思います。

6)口を開けてくれない人の口腔ケア

一口で言えば,実際に口腔清掃後の爽快感を体験してもらうことが一番だと思います。 強制的に行おうとすれば,その後のケアをさらに難しくします。 誰でも,他人に口腔内を触られるのは不快なものです。 初めから,完全に行おうとせず,最初は少しずつ少しずつケアを行うのが,逆に成功への近道だと思います。 口角部から歯ブラシを入れて,少しずつケアを行い,次第にその部位を広げていくのがいいと思います。

「寝たきりの方のブラッシングは特殊な技術と知識が必要でリスクが伴うからどうも・・・」
と経験が無く消極的な口腔ケアもケアクリニック オーラルがあれば、すぐに訪問口腔ケアに取り組んでもらえます。歯科往診用バキュームなどは、とても高価で重量もありますが、ケアクリニック オーラルならヘルパーさんが一人で訪問されるときにも手軽に持ち運び、お使いいただけます。

文字のサイズ
文字のサイズ
文字のサイズ
文字のサイズ
  • ご家族の方へ
  • 介護従事者の方へ
  • 歯科医療関係者の方へ
  • 介護施設関係者の方へ
ケアクリニック開発ストーリー 実践使用編ムービー
© Copyright 2009 Care-net ALL rights reserved.